2006年09月18日

アー・ユー・ハッピー? 矢沢永吉

アー・ユー・ハッピー? 矢沢永吉



矢沢永吉というミュージシャンについては名前くらいしか聞いたことがなく、イメージとしては
「僕より一回りくらい上の人達のカリスマで、かなり長く活躍してる、音楽的にはあまり自分に合っているという物ではない」
くらいの物でした。

しかし、最近知人のすすめで矢沢永吉の音楽を聴くことが多くなって、
「お、なかなか良いかも」
と思い始め、さらに聞き進めていくうちに
「熱いなー!」
と感じ、今では
「今までの日本人のミュージシャンにはないものがある!」
と実感するようになってきました。

けれども矢沢について知っているのはまさに楽曲だけであり、よく上の人が言うような、
「矢沢の生き様」
みたいな物は全然知りませんでした。

そういったバックボーンでこの本を借りて読んでみましたが、一言で言うと
「自分もこんなかっこいい生き方をしたい!」

はじめは自分が知っているようなミュージシャンとかにありがちな生き方をしてきたのかと思っていましたが、まさに、矢沢は「戦いの日々、自分の大事な物や自分のプライドを傷つけるものへの戦い」を今まで妥協することなく行ってきた人で、今の自分になく、そしてこれからの目標とする生き方を実践してきた人でした。

いろいろ書いても仕方がないので、矢沢永吉の生き方について自分もやっていきたいと思ったことを列挙してみます。(一部要約)

1、「探し続ける20代、あがき続ける30代をちゃんと通ってきたから50代が良いもんだと感じられる。20代、30代の矢沢はマジすぎるほどマジだった」

 (自分はこういいきれるほどに今マジに生きられているのだろうか?あがけてるのだろうか?)

2、「誰かに依存していたんじゃ、カンファタブルにはなれない。誰かの情けや義理やらをあてにしていたんじゃいつでも不安に脅かされることになる。今生きるのがつらいって言ってる人はどこかに自分の生き方を自分で決められないって背景があると思う」

 (誰かに依存するする人生は簡単なようでいて、そうじゃない。同じ苦労をするなら自分の足
  で立ちたい)

3、「矢沢は臆病だ。これはマジで思う。臆病てのはある種のレーダーなんだ。臆病だから考える。臆病だから勝つために冒険する」

  (こんな人でも自分のことを臆病だと言うことに驚いた。普通に生きている人でも自分が臆病だと思うだろうが、違うのはその臆病と向かい合い、常に怖いから必死で考え、行動に移すところにあるのだと感じる)

4、「プライドや自分の権利を守るために背負わないといけない。確かに背負えば重い。背負うのは嫌だ。重いのは嫌だ、だけど背負わなきゃいけないんだと思ったら楽じゃない。重いけどそれだからこそ得る物がある。絶対あると思う。すべて合理化して身軽にいけば良いじゃないかという考え方もある。だけどそれだけじゃえられないものもあるんだ」

 (きっと今の世の中は背負うか背負わないかで迷っているときはたくさんある。でも背負ったら大変かもしれないけどそれでしか絶対得られない物があると思うと迷うことはないのかな)

5、「ファミリーに対して卑屈になったらファミリーは維持できない」

 (お客さんやファンにたいして卑屈になった時点で=マネーと言っているのと変わらない)

6、「てめぇの人生なんだからてめぇで走れ。」
 
思った以上に矢沢という人は深い人でした。こんな生き方をしていくんだと自分に言い聞かせ。

posted by TN at 13:48| Comment(15) | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。